つい先日
まちなか水族館にお魚を持ってきてくれた方がおりました

ヨウジウオ
イソバテングの幼魚らしきもの
レプトケファルス幼生(なにかは不明)
他多数

いったいどのようにして採集したのか聞いてみたら
夜間にライトを海に当ててそこに集まってきたのをすくう
のだそうです

なるほど
光に集まった小さな生き物につられて魚も水面まで集まるわけね
イカ釣り式あるいは飛んで火にいる夏の虫式(長い)

レプトケファルス

画像はいただいたレプトケファルス幼生らしきもの

レプトケファルスって聞くとすぐウナギ関係だと思っちゃいますが
カライワシ目とソコギス目にも見られる形態なんですね
まぁカライワシ目とかソコギス目って言われてもまったくピンときませんがね

あっターポン

俺も今度海に光を当ててみよう
けど夜の海ってなんか怖いよね

Sでした
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks